ドクタールノー博士について

女性の素肌美を追い求めて70年。
自然派スキンケアの先駆者、ドクタールノー博士。

皮膚科医であるルノー博士は1914年、地中海に面した港町トゥーロンで生まれ、
パリ大学で学び医学、理学の両博士号を取得しました。

学生時代に、旅行先のアルプスで出会った老女の肌があまりにも美しいことに驚き、
その美しさの秘訣は植物(果実)であったことに大きな感動を覚え、
生涯を化粧品の研究に捧げ、
植物が持つ力で女性の素肌美を叶える自然療法の研究に情熱を注ぎました。

「自然の恵みは誰でも授かることができるが、すべての人に有効であるとは限らない。」

この考え方こそが、ドクタールノーブランドが持つ
「すべての肌ニーズに応える」という発想の原点なのです。

ルノー博士が植物の力に出会って70年。肌状態に合わせた数々の製品が
この世に送り出されてきました。